ソファのお手入れ方法について

皆さんはソファのお手入れをきちんとしていますか?ソファは普段よく腰掛けることから沢山の汚れがついたりホコリがついたりします。きちんと手入れをするだけでソファはながーく使い続けることができるでしょう。手入れをしっかりとしたインテリアで素敵な部屋を心がけましょう。

そんなソファのお手入れ方法についてご紹介したいと思います。ソファのお手入れを考えている方、ソファの手入れ方法で困っている方は是非ご覧になってください。

ソファのお手入れ方法をお教えする前に!ソファをながーく使い続けるための方法についてご紹介したいと思います。まず一つ目に、ソファを汚れた手で触らないようにしましょう!

ソファの汚れ対策

例えば油汚れです。ファブリックタイプのソファは油などがついた手などで触ってしまうと汚れがついてしまい中々落ちにくいです。ジュースなどをこぼしてしまってもシミになりやすいです。出来るだけソファの上に座って食べ物や飲み物は口にしないほうがいかもしれませんね。それができないのであればソファカバーを購入することをおすすめします。カバーさえあれば、ソファの生地を直接汚したりすることはできませんよね。

小さいお子様がいる家庭は子供がソファに腰掛けながらご飯を食べたり飲み物を飲んだりするとこぼしたりしてソファが汚れがちになってしまうと思います。また、ねこちゃんなどを飼っている家庭ではソファを使って爪とぎをされ、ソファが破けてぼろぼろになってしまうかもしれません。そんな家庭には是非ソファカバーを使用してほしいです。

ソファのひび割れ対策

直射日光ができるだけあたらないところにソファを置きましょう。ソファは直射日光に弱いです。直射日光にあたるとソファが変色してしまうのは勿論のこと、革のソファであればヒビ割れの原因にもつながるそうです。変色もですが、ヒビ割れのソファはかっこ悪く、お客様が訪ねてきた時はソファに座らせにくいですよね。

ソファの形や大きさ種類によってはソファを簡単に移動することができなくどうしても直射日光があたってしまう場所にソファがある場合は、日が出ているうちは遮光カーテンなどを閉めて直射日光をあたらないようにしましょう。

ソファの手入れ方法

話は戻ってここからはソファのお手入れ方法についてご紹介したいと思います。ファブリックタイプのソファは布でできておりホコリがつきやすいとされています。普段からこまめに掃除機などでホコリを吸い取ってあげましょう。ホコリは肘掛と背もたれの隙間、肘掛と座面の間にたまりやすいです。隙間にも気を配って掃除機でホコリを吸い取ってあげましょう。

また、ファブリックタイプのソファは革でできたソファとは違い、飲み物などをこぼしてしまうと生地が水分を吸い込んでしまいます。飲み物などをこぼしてしまったらすぐに水分をふき取ってあげましょう。そのままにしてるとシミになり、カビの原因にもつながります。