ソファの選び方について

皆さんはソファを選ぶとき何を重視して選びますか?価格?見た目?大きさ?ブランド?このページではソファの選び方についてご紹介したいと思います。ソファ選びで悩んでいる人、快適なソファの購入を考えている人は是非ご覧になってください。

生地にこだわった選び方

ソファを選ぶ際に注目して欲しいのが生地です。ソファの生地によっては各家庭に対して向き・不向きがあるのではないでしょうか?ソファの生地の種類を大きくわけるとファブリックと革の二種類があります。ファブリックとは布タイプのソファのことをいいます。

このファブリックは座るとふかふかと柔らかく、座り心地が柔らかく感じると思います。しかし生地が布であることから、ジュースなどの飲み物をこぼしてしまった場合、汚れが落ちなかったりでシミになりやすいです。汚れを防ぎたい人・ソファをながーく使いたい人はソファカバーなどで生地を守ってあげるのもいいかもしれませんね。また、ねこちゃんなどのペットを飼っている人は、ソファで爪とぎをされると破けてしまうこともあるかもしれません。

ファブリックのソファが支持される理由は、布でできていることから革タイプのソファとは違い、柄などが入っているタイプの物が多いからかもしれませんね。ファブリックとは違い、革タイプのソファは柄などが入っているものはなく、シンプルに一色だけで統一されているものが多いです。革対タイプのソファはファブリックとは違い値段も高めで高級なイメージがあります。部屋をトータルコーディネートで揃えたい人は革タイプのソファがおすすめかもしれません。

大きさによる選び方

ソファの選び方で注目してほしいのが大きさです。一人暮らしの方は一人用サイズのソファで十分の大きさだと思います。自分の自宅でパーティーや飲み会などをよく開く人は、3人ぐらいが腰掛けられるソファを購入するのもいいかと思います。しかしそれはお部屋が広い人の場合です。一人暮らしの方は部屋の広さはそんなにも広くないのでは?人を自宅に招くのが好きだからといって部屋の広さに合わない大きいソファを購入してしまってもあなたの普段の生活が窮屈で暮らしにくくなるだけかもしれません。

特に人を自宅へ招くことが少ない人は自分一人が座れるだけのソファを購入するのがいいでしょう。家族で住んでいる家には大きなソファが必要となってきます。大きいソファは部屋の広範囲をとってしまいがちです。部屋を広く見せたい人はソファと部屋の色に統一感を出してみたり、あまり高さがないソファを選ぶようにしましょう。そうするだけでもだいぶ部屋が広くみえるかもしれません。

ソファをベッドとしても使いたい人はソファベッドを購入しましょう。ソファとベッドを別々に購入しても部屋の幅もとるし、お金もかかります。そんな人にはソファベッドがおすすめです。ソファベッドは背もたれの部分を起こしたり倒したりするだけでソファになったりベッドになったりします。ソファベッドにも種類は様々あります。ソファ・ベッドとしての二つの機能のことを考えて慎重に選び、快適ソファベッドを手に入れましょう。

ソファには足つきタイプと、足がついていないロータイプの二種類があります。足つきタイプは地面から高さがあることから床にホコリがたまりやすいです。逆に言えば高さがあることから間に手が入る隙間があるので床を拭いたり掃除はしやすいとも思います。ロータイプのソファは床にくっついていることから下にホコリはたまりにくいと思います。ロータイプは床くっついている分高さをあまり感じないので部屋に圧迫感が無く、部屋を広く見せることができます。

ソファの選び方についてご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?