ベッドの種類や各種機能

先程はベッドの選び方についてご紹介しましたが、このページではベッドの種類についてご紹介したいと思います。ベッドに興味がある方は是非参考にしてみてください!

脚のタイプの違いによるベッド

ベッドには足つきタイプとそうでないものがあります。足つきタイプは地面から離れていることから床にホコリがやまりやすいです。足がついているので、高さは少々あるかもしれません。なので部屋を広く見せたい人にはあまり不向きかもしれません。足がついてないタイプのベッドは床にくっついていることから湿気などがたまりやすい部屋に住んでいる人はベッド裏にカビなどが生えやすいかもしれません。

収納スペースの機能を兼ね備えたベッド

ベッドには底に引き出しなどの収納スペースがついているベッドもあります。衣服などが多い女性にはもってこいのベッドかもしれませんね!ベッドの底に収納スペースがあることから、人目につきにくく、部屋のスペースもとりません。一人暮らしの狭いお部屋だとタンスを置いたりするだけで部屋に圧迫感が出てしまいますが、タンスの変わりにベッドの収納スペースに衣服などをしまいこむのもいいと思います。

引き出しのような収納スペースがあるベッドもみかけますが、ベッドの下の部分が一面収納スペースになっているベッドのもあります。ベッドの下一面が収納スペースとなっているので広く深くスペースを使用することができます。季節はずれの洋服や、お布団をしまうことができ、ベッドの下にあるので簡単に取り出すこともできるのです。また、散らしやすいおもちゃなどの目隠しにもなるのでいいと思います。物が多かったりする人にはこのベッドがおすすめですね!

ベッドにはキャビネット付きベッドというものもあります。キャビネット付きベッドとは、ベッドの上に横になったときの頭の部分にある小さなスペース、棚のようなもののことをいいます。ベッドに入りながら携帯電話をいじったりする人いませんか?眠る直前にベッドに入りながら携帯電話でお話したりしますよね。電話が終わったらキャビネットに携帯電話を置いておけばいいのです。そのままベッドに置いて眠りにつくと潰してしまったり、床に落としてしまいますよね。キャビネットがあると携帯電話を置くぐらいのスペースは広々とあります。


また、眠る前の読書をベッドで行う人もいますよね。お酒なども飲みながら。一度ベッドの中に入ってしまうと布団から出たくなくなりますよね。本を書斎に戻しに行くのも面倒だし、お酒を飲んだグラスをキッチンに持っていくのも面倒くさいし…。そんな時にキャビネットが活躍するのです。眠る前に片付けるのが面倒な物をキャビネットに置いておけばいいのです。キャビネットには小さな照明もついているのが多いことから読書をする場合に明かりを照らしてくれて、明るいところで本が読めるので大助かりですよね!

スペース確保に役立つベッド

ベッドにはロフトベッドというものがあります。二段ベッドの高さぐらいあるのですが、それが一段になっているベッドのことです。ロフトベッドは2段ベッドの上の部分だけがベッドになっていて、下の部分が空きスペースとなっているのです。普通ベッドを部屋の中に置くとそのスペースにはベッド以外何も置くことができませんよね。しかしロフトベッドだと、ベッドの下に空いているスペースに家具などを置くことができるのです。

例えば子供の勉強部屋。学習机が置いてありますよね。学習机も幅は大きく結構なスペースをとると思います。それに加えてベッドも置いてあったら部屋は狭く窮屈でしょう。そこでおすすめなのがロフトベッドなのです。子供部屋にロフトベッドを置き、その下の空いているスペースに学習机などを置くのです。普通だったらもっと幅をとってしまうベッドと学習机が上下に並ぶことによって部屋が広くなるのです。

ベッドの種類についてご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?自分のライフスタイルを考えてベッドの購入をしましょう。

Valuable information

最終更新日:2019/8/2